「@ママネット」へようこそ!ママのための子育て・医療・生活などのお役立ち情報をお届けします!

〜寺子屋ありがとう〜 コラム vol.42 2014.11

仲間

こんにちは。
先日『寺子屋ありがとう起業塾』1期生の卒業合宿がありました。
0期に続いて2期目を終えました。

この塾の主催者とは、
「苦しんでいたサラリーマン時代の自分自身が欲しかった場所を創りたい」
そんな想いでスタートしました。

起業塾と言いましても、起業するための塾ではなく、起業家マインドを涵養するための塾です。
「会社を辞めるために入塾することだけはやめてください」
そうお伝えしていますが、何人か会社を辞めて起業しています。
過去とこれからの不安を受け容れた結果だと思っています。

~~~~~~~~~~~

『感情は味わい直すことでしか消えない』(アリストテレス)
『寺子屋ありがとう』ではこの感情を消す浄化の過程を大切にしています。
自分を苦しめていた感情を味わい直すことにより、気持ちが楽になる。
立ち上がれる、穏やかになれる。
感情を味わい直す、その一つの方法が話を聴いてもらうことです。
「仲間ができたら、寂しさは消えるか?」

先日講演中ある方から質問をいただきました。
友達ができたら寂しくなくなるから、感情味わい直せないのではないか?
寂しくはなくなるが、過去の寂しさはそのまま残るのではないか?

その方の言う通りです。
仲間ができても、今まで友達がいなかった時の寂しさはそのままです。
ですから、また一人にならないように、気を使って、時に犠牲になって、義務感を持って、
誰かのそばに居続けようとする人もいます。
これをお互いにやっている状態が、群れて傷をなめ合っている状態です。

そして、やがてそれが苦しくなり、トラブルになることもあります。
そしてその群れから離れることになり、また寂しくなる。
過去の寂しさの手当てがないとエンドレスかも知れません。

一方、一人でいても充実した面持ちで全く平気な人もいます。
この差はなんでしょう? 寂しさに対する耐性はどう身に付けるのでしょう?
それこそが、感情を味わい直して消す、浄化させることです。

寂しさから誰かを求める過程があって、誰かと一緒になれたとします。
その時の安心感から、過去の一人でいた時の寂しさを思い出し、少しでも味わい直せたら、
その過去の寂しさは浄化されます。
その結果として、これからも一人でいることに不安は感じなくなります。
さらに、一人でいる心地よさを感じられるようになります。

誰かと一緒にいても、また一人になるのではないかと恐れている時は、その誰かを引き留めることで精一杯になります。
過去の寂しさではなく、今とこれからの不安で一杯になります。
結果として過去の寂しさは、味わい直すことができず抑え込まれたままです。

人は一人では生きていけない。
仲間が必要な理由は、寂しさを紛らわすためではありません。
安心して過去の寂しさを振り返り、その寂しさを浄化するためです。

その結果として、孤独の恐怖は消え一人でいられるようになる。
そんな人は周りが一人にさせてくれなかったりしますけどね。

全ての人が自然とこれができるようになった時こそ、『寺子屋ありがとう』のゴール。
解散する時です。
======================
メールマガジン 『寺子屋ありがとう 雑記帳』
http://p.tl/ugW0
メール講座 『聴き方教室』
http://p.tl/idgy
著書 『届いてますか?子どもたちからのメッセージ 』
http://p.tl/nQzg

今後の予定 =============
12月1日   聴き方教室新潟
12月8日 聴き方教室横越
12月15日 聴き方教室新潟
12月19日  聴き方教室県央
12月23日  寺子屋メンタル教室
1月5日   聴き方教室新潟
1月16日  星山塾メンタル道場(仮)
1月19日  聴き方教室新潟
1月23日  聴き方教室県央
1月24日  『寺子屋ありがとう起業塾』社会起業家養成講座1st
1月26日  聴き方教室横越
1月27日  寺子屋メンタル教室
各種イベントの詳細につきましてはこちらで確認ください
http://terakoya-arigato.jp/

関連記事

コメントは利用できません。