「@ママネット」へようこそ!ママのための子育て・医療・生活などのお役立ち情報をお届けします!

〜寺子屋ありがとう〜 コラム vol.44 2015.01

201501  背中を押す

こんにちは。
いつも読んで下さっているみなさま。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
年が明けて随分経ちましたね。
今年もあっという間に終わるのでしょうね。

=========
今から数年前。
東京である講座を受けていた時のことです。
私の仕事について講師受講者のみなさまから興味を持っていただきました。
講師と受講者みなさまから質問ぜめにあいました。
その中で、
「最後の最後、背中を押すタイミングはどう見極めますか?」
という質問がありました。

背中を押す。
ためらっている人に決断を促すそのタイミングは?
そう言われてみれば、聞かれるまで考えたことなかったです。

考えていなかった理由は、
「背中は最後まで押しません、必要ないからです」
です。
自然と口からこの言葉がこぼれました。

その時講師の方が、
「そうですよね、背中押しって背中を見せて心を押すんですよね」
そう名言を言われました。
「我ながらいいこと言った」
とご自身でご満悦でした。
楽しい講座でした。
「背中は最後まで押しません」
ただそう言っているだけで実際は背中を押すことが多々あります。
つい誰かの背中を押してしまうのは、焦ってしまうから、見守ることが苦しいから。
講師の方の言葉を聞いて思ったこと。
ついつい背中を押してしまう理由。
それは、自分の背中を見せることを忘れているから。
相手が変わることばかり考え、願っているから。
背中を見せることが相手の心を動かす唯一の方法であると忘れているから。

目の前の人が動きかねている時、どこまでその人を大丈夫と心から思えるか。
その信頼する気持ちを背中で伝えられているか。
その人の心に届くか。
それだけが問われているのかと思います。

背中を見せて心を押す。
私にとって、つい人を変えようとした時に思い出したいありがたい言葉です。
======================
メールマガジン 『寺子屋ありがとう 雑記帳』
http://p.tl/ugW0
メール講座 『聴き方教室』
http://p.tl/idgy
著書 『届いてますか?子どもたちからのメッセージ 』
http://p.tl/nQzg

今後の予定 =============
1月5日 聴き方教室新潟
1月16日 星山塾メンタル道場(仮)
1月19日 聴き方教室新潟
1月23日 聴き方教室県央
1月24日 社会起業家養成講座1st
1月26日 聴き方教室横越
1月27日 寺子屋メンタル教室
2月2日  聴き方教室新潟
2月16日 聴き方教室新潟

関連記事

コメントは利用できません。