「@ママネット」へようこそ!ママのための子育て・医療・生活などのお役立ち情報をお届けします!

〜寺子屋ありがとう〜 コラム vol.47 2015.04

201504  学び

 

こんにちは。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ゴールデンウィーク新潟は天候に恵まれましたね。

私は久しぶりに帰省中の卒業生達と会って、楽しい一時を過ごさせていただきました。

この春から一人暮らしを始めた卒業生は、

「親のありがたさがはじめてわかった」

なんて言っていました。

随分たくましさを感じる子も。

大変なこともあるでしょうけど、一人暮らしはその人を成長させてくれるのでしょうね。

次会えるのは夏休みでしょうか。

今から楽しみです。

=========

先月、新潟市南区で市民団体さん主催の『ラーニングマップ講座』をやらせていただきました。

ラーニングマップというのは、脳の特性を利用したノート術で、脳を活性化させてくれるものです。

『寺子屋ありがとう』でお伝えしているメソッドの一つです。

新しいノート術をお伝えするものと受け止められがちですが、

本当はそのスキルをもとにした、新たな思考法に気付き修得することを目的とした講座です。

 

参加者は小学1年生から保護者様まで。

小学1年生が2時間も話を聞いていられるのか?

時々、個人的に話しかけられたりもしましたが、最後までしっかり聞いてもらいました。

新しいノート術「ラーニングマップ」もしっかり描けていました。

 

人が一番能力を発揮できるのは、集中してリラックスしている状態の時です。

高いところから飛び降りた時。

運転中事故にある直前、

「あ、ぶつかると」

思った時。

こんな時よくスローモーションのように見えることがあります。

そんな経験はありませんか?

怪我をしないように衝撃を吸収できるよう集中しつつ、身体が緊張しないように柔軟にするために、脳が勝手にそうさせるそうです。

 

 

学習する時もこんな状態だと力を発揮できます。

かと言って、高いところから飛び降りながら勉強するわけにもいきません。

もう一つこの集中してリラックスしている状態があります。

それは楽しんでいる時です。

 

「楽しんでいること、楽しいことだけしていたらいいのか?

嫌なことから逃げていていいのか?」

そう質問を受けたこともあります。

 

嫌なことから逃げると言うところは別にして、

楽しむことは物事成就させる最低条件かと思います。

楽しいことだけしていていいのか?

楽しむだけでいいのかではなく、そうでなければダメなのです。

 

もちろん、最初から楽しめることだけではないと思います。

というより、最初から楽しめることって、大して楽しくもないことが多いですよね。

 

「努力しては、がんばってはいけないのか?」

努力は大切です、ただ必要な努力とは、

一見面白みの見いだせないもの、見出しにくいものの中に、喜びを見出そうとする努力。

それは、無心に取り組む過程と言っても良いのかも知れません。

その中で真の喜びに気付けるのではないでしょうか。

その時こそが、心から楽しめることに出会えた瞬間です。

苦手だったことに楽しさや喜びを見出せた。

一回でもこのような体験ができると、大きな自信になります。

こんな経験こそが財産です。

 

どんなことにも喜びを見出す余地はある。

だから、つまらないこと、価値を感じられないことなどに関わっている暇はありません。

そこに気付けたら優先順位の中で、意味を感じないものを手放すこともできるはずです。

 

教室や講演講座でなにかをお伝えする時は、そんな体験をしていただけたらと思います。

それを最優先事項としています。

楽しい気持ちで過ごす時間と、そんな人が増えたら、きっと幸せな世の中になる。

そんな気がします。

 

======================

参考著書

『なぜ勉強するのか?』

鈴木光司著

http://goo.gl/bmwt70

======================

メールマガジン 『寺子屋ありがとう 雑記帳』

http://p.tl/ugW0

メール講座 『聴き方教室』

http://p.tl/idgy

著書 『届いてますか?子どもたちからのメッセージ 』

今後の予定 =============

5月11日  聴き方教室新潟

5月16日 メンタルマスター講座2nd

5月18日 聴き方教室新潟

5月21日 メンタルトレーニング講座 分水町

5月22日 聴き方教室県央

5月26日 寺子屋メンタル教室

5月30日 聴き方教室長岡

6月24日 講師塾 大谷由里子先生講座

7月12日 朝活富山代表 永吉隼人氏講演会

各種イベントの詳細につきましてはこちらで確認ください

http://terakoya-arigato.jp/

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。