「@ママネット」へようこそ!ママのための子育て・医療・生活などのお役立ち情報をお届けします!

子どもの風邪・夏風邪の対処法

2016.01.23

子どもの風邪・夏風邪の対処法 はコメントを受け付けていません。

kodomo

水澤こどもクリニック院長の水澤先生にお話を聞きました

syounika

 

子どもの風邪・夏風邪のこと

 

子供が風邪ばかりひいて心配です

子供は生まれてから10歳~15歳位までの間に300回位は風邪をひくと言われています。
風邪をひくことによって、取得しなければならないウイルスの免疫を徐序に取っているのです。
1週間で2つ3つの風邪をもらってくるなんてこともあります。
子供がよく風邪をひくのは、そうやって免疫を取得していっているということ。
これが普通なんですよ。

 



 

夏風邪の下痢症状

夏風邪のウイルスはすぐに腸に到達するため、よく下痢症状を起こします。
お子さんが下痢になると、脱水も心配されるので、その下痢を止めたほうが良いのか、または下痢を出し切ってしまったほうが良いのか迷われるお母さんも多いと思います。
目安としては
・1日5回以上の下痢かどうか。
・発熱はあるか。
・水分はちゃんと摂れているか。
いずれにしても、小児科医はその子の状況に応じて下痢止めを処方したほうが良いのか等を判断していますので、
受診の際はどんな状態かなど、詳しく医師にお話されて下さい。

 

咳や鼻水だけの風邪はどのくらい様子をみても大丈夫?

3~5日位は他の症状が増えなければ様子を見ても大丈夫だと思いますが、1週間以上咳や鼻水が続く時、新たな症状が出た時は受診をおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。