「@ママネット」へようこそ!ママのための子育て・医療・生活などのお役立ち情報をお届けします!

〜お金のお話〜コラム vol.11

お金のお話
新潟ファイナンシャルデザインの詳細はこちら

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの木村です。

先回のコラムからかなり経過してしまい大変申し訳ありませんでした。

最近いくつか新しいことを始めその準備などでかなり時間をとられていました。

つくずく自分の時間の使い方が上手くないことがわかり反省していました。

時間だけはだれにでも平等、使い方次第では半年、1年先と大きく結果が違ってきますよね。

しっかりと見なおしていきたいと思います。

さて春になり生活環境が大きく変化した方も多いのではないでしょうか?

我が家もそれに該当するのですが、生活環境の変化によってお金の流れも大きく変わって来ました。

まず長男がこの春無事に希望校である公立高校に入学することが出来ました。

公立に受かってくれてありがとう!

父としては心から感謝しております。(笑)

FPという仕事柄、ある程度の支出は予想していましたが、それでも実際に金額を見てみると今までの教育費との差に驚いてしまいます。

一般に公立高校であれば、今は授業料免除などもありそれほどお金がかからないイメージが皆さん有ると思いますが、そうでもありません。

教材費から、研修・修学旅行・スキー旅行などの積立金、交通費、今の高校生必須のスマホ代、お小遣いアップ、部活動費用(部活にもよりますがこれが意外とかかります)、制服代・体操着代などなど

学校ごとに若干の違いはありますが平均すると毎月3〜5万円程度の支出になっています。

これにプラスしてご家庭によっては学資保険などの積立を行ったりしていると思いますので

高校生一人あたり毎月6〜8万円程度の支出になっているご家庭もあると思います。

ご相談にいらっしゃるお客様にはお伝えしていますが

そう考えると、実質大学用の教育資金を準備するのは中学まで、というのが理想です。

先ほど時間のお話をしましたが

教育資金は支出時期が確実に予定できる資金なので

時間を見方につけて、早い段階でしっかりと準備することで後々慌てなくて済みます。

最近は奨学金などを利用するご家庭がかなり増えてきていますが、どこまでご両親が準備するのか、各ご家庭の教育方針にも関わってくることなのでしっかりとご夫婦で話し合ってみてください。

最後に少し宣伝ですが

この度当事務所では、国内大手ハウスメーカー10社と提携しお客様ご紹介制度を開始いたしました。

こちらにお申込みいただくメリットとしては

・店長、マネージャークラスの方が対応してくれますので打ち合わせがスムーズに進みます。
(展示場へいきなり行っても、新人の営業マンなどの対応のためスムーズに進まない場合があります、ハウスメーカーで家づくりを成功させるには担当者の能力が鍵を握ります)

・私の方で無料にて資金計画を行わせていただきます。(通常69,800円頂いております)

・飛び込みで展示場へ行くよりも大きな割引、値引きを利用することができます。
(各ハウスメーカー本社経由の割引率を使うことが可能です)

・展示場へ行く前に2〜3社の見積もりを取ることも可能です。

いかがですか。

ゴールデンウィーク中に住宅展示場へとお考えの方はお気軽にご相談ください。

(注)上記特典を受けるには、必ず住宅展示場へ行く前に当事務所へご連絡ください。展示場へ行ったあとにご連絡を頂いても上記特典は利用できませんのでご注意ください。

ママネットユーザーの方への割引特典もあります。
これから家を建てる予定だけど、どんな住宅ローンの組み方をしたらいいのか。
どうしたら効率よく必要なお金を貯める事ができるか。。などなど。
お金のまつわる相談は新潟ファイナンシャルデザイン木村さんへお気軽に。
連絡先等詳しくはこちらをご覧下さい。

関連記事

コメントは利用できません。