「@ママネット」へようこそ!ママのための子育て・医療・生活などのお役立ち情報をお届けします!

〜寺子屋ありがとう〜 コラム vol.22 2013.1

寺子屋ありがとう
「寺子屋ありがとう」の詳細はこちら

新年明けましておめでとうございます。

年末年始、いかがお過ごしでしたか?
私は仕事納が大晦日。
仕事はじめが元旦。

受験シーズンですから毎年こんな感じです。
全員合格してからゆっくり休ませていただきます。

======================

同じ本を数年ぶりに読んで、以前読んだ時と全く異なる受け止め方感じ方、
また、アンダーラインを引きたくなった場所が変わっていた。
なんてことはありませんか?

前回読んだ時から日が経って、自分自身が変わっているから、同じものをインプットしても受け止め方が異なるのは、ある意味当たり前のことなのかも知れません。

では、本を読み終えた直後に、もう一度最初から読み直す。
そんな再読をしたことはありますか?
この場合、二回目以降読んだ時の感じ方、一回目と異なるものでしょうか?

個人差はあるでしょうけど、私の場合、数年ぶりに再読した時より大きな変化があるように感じています。
2回目以降読むとき、一度読み終えているので、本に書いてある内容はあらかた覚えています。

その場合脳は、文字情報として記されている内容を、大胆に省略してインプットします。
ですから、同じ本を繰り返し読む時はずいぶん速く読み進めることができます。

実は、速く読むだけではなく、より深く読むことにも繋がります。
省略して余裕が出た分、紙面上の文字以外のなにかを探り始めます。
そのなにかこそが、文字として記されていないこと、行間と呼ばれるものです。

行間を読む
実はこの話、話を聴くことにも繋がります。

言動一つ一つに振り回されない。
振り回されないとは、良い悪いなどの先入観をもとに、目の前の人を変えようとしないことです。
言いなりになることも、変えようとすること、振り回されることです。

そうは言っても、、、
社会では多数決や、見た目のできるできないで判断評価されることが少なくありません。
それに沿おうとする結果、振り回されてしまうことは少なくないように思います。

行間に込められた想いに気づけず、安易にその人の言動を抑えたり、なにかをやらせようとしたり。
そんな人が増えたから生きづらい世の中なのでしょうか。

では行間に込められていた想いとは?
来月また書かせていただきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
本年が、みなさまにとって素晴らしい一年でありますように。

今後の予定 =============

1月21日    聴き方教室 新潟
1月25日     聴き方教室 県央
2月 4日 聴き方教室 新潟
2月18日    聴き方教室 新潟
2月22日     聴き方教室 県央    
3月 4日    聴き方教室 新潟
3月18日    聞き方教室 新潟
3月22日     聴き方教室 県央
4月26日     聴き方教室 県央
5月19日  本田健氏講演会

各種イベントの詳細につきましてはこちらで確認ください

http://terakoya-arigato.jp/

===================
5月19日(日) 19:00~

本田健氏講演会開催いたします

本講演会内容に関する本田氏の著書

大好きなことをやって生きよう! [ 本田健 著]
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0325deeb.2c4b1904.03a58fc0.14302249/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f12116723%2f%3fscid%3daf_link_mail&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f16215014%2f

あなたのお金はどこに消えた? [ 本田健 ]

関連記事

コメントは利用できません。