「@ママネット」へようこそ!ママのための子育て・医療・生活などのお役立ち情報をお届けします!

〜寺子屋ありがとう〜 コラム vol.9 2011.11

寺子屋ありがとう
「寺子屋ありがとう」の詳細はこちら

師走。
色々あった今年も、残り1か月となりました。
今月もきっとあっという間に終わるのでしょうね。
毎日あわただしく過ごされている方も多いのではないでしょうか。

先月は人が印象に残る時間帯は、最後の時だという話しをしました。
実はもう一つ、そのほかに印象に残る時間帯があります。
それは、はじまりの時です。
格闘技の試合では、ラウンド最後の「ラスト30(秒)!」ともう一つ、試合開始時によく、「一発目!」という掛け声をかけます。
試合開始直後に優位に立てると、周りから見た印象もいいですが、なにより選手自信が「いける」と思えるようになります。
印象に残る時間帯がはじめと最後ですから、朝起きた時と夜寝る前の状態が、その日一日の印象に大きく影響を与えてしまう。
ですから、朝の「おはよう」と夜の「おやすみなさい」はなにがあっても、お子さんをきつく怒ってしまった日こそ、最高の笑顔でできたらと思います。

人生でも、一日でも、格闘技のラウンドでも、ある時間の始まりと終わりにはもう一つの視点があります。
それは、過ぎ去った時間の中での最後の瞬間、そして、残された時間が始まる瞬間。
という見方をした場合の最初と最後です。
この場合の最初と最後はいずれも『今』ということになります。

今を大切に生きることがなにより大切で、それが結果として最初と最後のがんばり、好印象に繋がります。
結局、人がどういう印象を持つか、自分でどう認識するかは、その時その時をどう生きてきたか、その結果が現れるのだと思います。
では、今を大切にするとはどういうことでしょう。
来年はその話からお伝えしたいと思います。

今年の春からこちらに掲載させていただいています。
お読みいただき、お付き合いいただき、ありがとうございます。
来年も、少しでもみなさまのお役に立てるもの、気持ちが楽になれると感じられるような内容でお届けできたらと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

関連記事

コメントは利用できません。